購買改革最適化サービス


『多忙により時間がない』『適正か客観的に査定する機会がない』『透明性をもって機能しているか』『業務が標準化されていない』など、購買については判断の難しい課題が存在しています。 内部統制やコンプライアンス対策としてできる方法のひとつに、競り下げ式電子入札(リバースオークション)があります。

競り下げ式電子入札(リバースオークション)とは


競り下げ式電子入札(リバースオークション)は、インターネット上でサプライヤの最安入札価格を公表し、競い下げる方式です。 2000年から米国の小売業を中心に普及し、現在では大手製造業や小売業に導入されています。日本国内においても、流通、小売、外食、サービス産業を中心に導入実績があり、製造業にも導入が進んでおります。 業種・業態により様々な品目を対象としておりますので、購買手段をご検討の際には、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
  • TEL:03-6419-3301 9:00~18:00
  • フォームによるお問い合わせ